【Node】req.paramsとreq.bodyの違い

2つの違いを探すのはなにかおかしい気がするけど僕がここで迷ったので記事にする。

[req.params]

app.get("/hoge/:id", function(req, res){
	console.log(req.params.id);
});

要するにURLの指定された場所を見てるようだ。

[req.body]

var bodyParser = require('body-parser');

app.use(bodyParser());

app.post("/hoge", function(req, res){
	console.log(req.body);
	res.send("test")
});

こっちがPOSTしたもの取ってくる奴

※用語各種は理解度が怪しいので使わない

【RWD】レスポンシブWeb基礎

CSS

/* PC用 */

/* 979px以下用(タブレット用)の記述 */
@media screen and (max-width: 979px){
	
}

/* 767px以下用(タブレット用)の記述 */
@media screen and (max-width: 767px){
	
}

/* 479px以下用(PC用)の記述 */
@media screen and (max-width: 479px){
	
}

HTML


<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1, minimum-scale=1, maximum-scale=1, user-scalable=no">

// 端末画面の幅に合わせる
width=devic-width

// 初期のズーム倍率
initial-scale=1

// 最小倍率
minimum-scale=1

// 最大倍率
maximum-scale=1

// ズームの操作
user-scalable=no

【Express】画像の表示

ここまで辿り着くの長かった。
馬鹿だからね、仕方ないね。

var express = require('express'),
	app = express();

// テンプレートエンジン、今回はejs
app.set("views", __dirname + "/views");
app.set("view engine", "ejs");

// これを指定することによって静的ファイルが見れる。
// ファイルの置き場所はpublicの中、css、img、javascript等はこの中に入れれば見れる。
app.use(express.static(__dirname + '/public'));

app.get("/", function(req, res){
	res.render("index");
});

app.listen(3000);

|-app.js
|-package.json
|-public
||-style
||-image
||-javascript
|-views
||-index.ejs
|-node_modules

// 追記
// なぜこれで表示できたのか謎、4.xだったのに。

var path = require("path");
app.use(express.static(path.join(__dirname, 'public')));

【Express】テンプレートの作成方法と Macのポートスキャン

npm install -g express
npm install -g express-generator
// -e でejsを使用します、と
express -e test

ディレクトリ移動してから

// package.jsonの中に書いてあるmoduleをインストールしてくださる
npm install
npm start

何故か3000番ポートで見れた。
/bin/www
の中に記述されてた。

あとポートスキャンのやり方
finderで[ネットワークユーティリティ]で検索して一番右のportsscan